The Rheinmetall Mission Master SP UGVs, expected to be delivered early next year for testing, represent a leap in military vehicular technology.The Rheinmetall Mission Master SP UGVs, expected to be delivered early next year for testing, represent a leap in military vehicular technology.
  • 百万ドル規模の契約により、日本における自律型UGVへの道が開かれる

ドイツ、デュッセルドルフ — ドイツの防衛および自動車グループであるラインメタルは、日本防衛省が無人地上車両(UGVs)の自動化に向けて数百万ドルの契約を締結したことを月曜日に発表しました。この革新的な動きは、日本が自動化された軍用車両の艦隊への最初の取り組みであり、最先端技術を防衛戦略に統合することへの国のコミットメントを強調しています。

Read this article in English.

多様な地形

ラインメタル・ミッション・マスターSPの設計は、日本のような多様な地形と気候条件に適したものです。車両の電気的な性質は、低プロファイルで静かな操作を可能にし、秘密裏の作戦に最適です。その設計は、牽引またはパラシュートドロップによる難易度の高い地形での展開を容易にします。さらに、UGVsは、日本の様々な風景での作戦に不可欠な特徴として、深雪や泥の中での移動性を高めるためのトラックを装備しています。

2025年の初回納入

来年初めにテスト用に配送される予定のラインメタル・ミッション・マスターSP UGVsは、軍事車両技術における飛躍を代表しています。これらのコンパクトで低シグネチャーの電気車両は多目的で、物流サポートから監視、さらには武装作戦まで、さまざまな任務を自律的に実行するように設計されています。その多目的性は、UGVsが搭載できる異なるペイロードモジュール、貨物、監視機器、遠隔制御武器ステーションを含むことでさらに強化されます。

契約の重要な部分として、ラインメタルはこれらの車両のための包括的なサポートおよびトレーニングプログラム、およびスペアパーツの供給も提供します。これにより、日本陸上自衛隊内でのUGVsの長期的な持続可能性と運用性が確保されます。

この取引の重要な側面は、ラインメタルと丸紅エアロスペースとの協力です。丸紅エアロスペースは主契約者として行動し、ラインメタルからのトレーニングを受けて地元でのサポートを提供することになります。これは、これらの高度な軍事資産を管理するための国内の専門知識を構築することに重点を置いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

GDPR Cookie Consent with Real Cookie Banner